研究体制化学科・化学専攻

持続可能社会を実現する化学(=未来化学)の創成を目指して、伝統的な研究分野にとらわれることなく、「マテリアル」、「エネルギー」、「ライフ」を重点領域とした研究を進めています。「マテリアル」領域では、新物質や分子集合体による新機能を創造する物質化学的な研究を、「エネルギー」領域では、エネルギー変換・伝達・貯蔵、分子テクノロジーの開拓によるエネルギー化学的な研究を推進します。「ライフ」領域では、生体機能の分子レベルでの解明、生体機能材料の創出による生物化学的な研究を推進します。

枝元研究室(表面物理化学)

箕浦研究室(有機元素化学・物理有機化学)

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。