2022/10/13 (THU)

【実施報告】第4回立教サイエンスカフェ「虫学旅行 ~地理学者と味わう昆虫食と伝統文化~」【SC教育・SCOLA SIP】

OBJECTIVE.

9月28日(木)、立教大学文学部教授 野中健一さんをゲストにお招きし、立教大学12号館2階リサーチコモンズにて、第4回サイエンスカフェ「虫学旅行~地理学者と味わう昆虫食と伝統文化~」を開催しました。

今回のサイエンスカフェは、立教大学理学部共通教育推進室がおこなう教育プログラム(通称:SCOLA SIP)のメンバー(市野川、狩野、亀井、瀧口、田中、望月)が中心となって企画・運営を行いました。

今回のカフェのテーマは「昆虫食」。最近、食糧問題の解決策として注目を集めている昆虫食ですが、今回はそのような観点からではなく、世界各地で古くから愛されている伝統文化という観点から昆虫食について学ぶカフェを実施しました。

本イベントのコンセプトは、「修学旅行」。
ゲストの野中さんと司会の田中さんを中心に、ラオス、メキシコ、日本(岐阜県)の3か国で親しまれている昆虫食文化を学び、実際に食べて語り合う旅に出ました。

目的地1:ラオス

ゲストの野中さん(左)、司会の田中さん(右)と一緒に「虫学」旅行の旅へ出発!

最初の目的地は「ラオス」。
ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する内陸国です。
なんとゲストの野中さんは本イベント開催の直前まで、ラオスにフィールドワークをしていたとのこと。そこでの昆虫食文化とともに、現地の最新情報をお話いただきました。

ラオスでの最新情報をお話している様子

新鮮なカブトムシ、タケムシ、サゴムシ(左上から時計回りに)

そして、野中さんが現地で買ってきてくださった新鮮な昆虫食をみんなで頂きました。

班のメンバーといただきます!

緑の腕章をつけた班長たちが対話を促進します

3種類の昆虫を実食した後は、各班に配属された班長(狩野,亀井,瀧口,大熊,専田)がファシリテーターとなって、参加者各々が感じた事を語り合いました。

目的地2:メキシコ

第二の目的地は「メキシコ」。
昆虫食のイメージが薄いメキシコですが、実は古くから昆虫食が親しまれている国の1つです。現地でおこなわれている「カメムシ祭り」や「ミス・カメムシ」などのお話に参加者も興味津々。野中さんのユーモア溢れるトークでさらに会場は盛り上がっていきます。
そして、ここでも現地の昆虫を実食しました。
この回では、カメムシと、チャプリンと呼ばれるバッタをいただきました。
カメムシを混ぜたサルサソースと、混ぜていないサルサソースをクラッカーにつけて食べ比べ。食べ比べてみると、カメムシの独特の風味がより感じられ、「カメムシが入っている方がおいしい!」と言った声が多く上がりました。

目的地3:日本・岐阜県

そして、最後の目的地は「日本の岐阜県」。
日本は昆虫食先進国と呼ばれるほど、実は昆虫食に馴染みの深い国です。
今回は、野中さんの故郷でもある岐阜県で受け継がれている「ヘボ(岐阜県の方言でいうクロスズメバチのこと)」の文化についてお話していただきました。
ここでは、新鮮なヘボの巣を使ってヘボ抜き体験をしました。
これは、岐阜県でおこなわれている伝統文化。取ったヘボの幼虫はその場で調理し、みんなでいただきました。
いよいよ虫学旅行も終盤。
最後は、このイベントを通して何を学んだのか、感じたのか、気持ちや考えに変化があったかを語り合いました。

まとめ

野中さんから最後に、以下のようなコメントをいただきました。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。